自分の中で一番必需品の家電

自分の中で一番必需品の家電は、夏はエアコン、冬はドライヤーです。

自分の中で一番必需品の家電

自分の中で一番必需品の家電は、夏はエアコン、冬はドライヤーです

自分の中で一番必需品の家電
33歳 : 女性の話
自分の中で一番必需品の家電は、夏はエアコン、冬はドライヤーです。

夏エアコンが必需品の理由は、私は暑さにとっても弱いことと、マンションの低層階に住んでいるので、防犯上窓を開けたまま眠れないこと、それから鉄筋コンクリートの建物のため熱を逃さないので、夏は暑いままということです。
だからエアコンなしの夏なんて全く考えられません。
一度だけ、以前住んでいたマンションで真夏にエアコンが突然壊れたことがあったのですが、ピーク時ゆえ電気屋さんも忙しくて修理まで3日かかると聞いた瞬間、すぐに近場のビジネスホテルに避難しました。
「それぐらい我慢すれば」と周りからあきれた目で見られたのですが、私にとっては「それぐらい」じゃなく「それほど」の大問題だったのです。
たしかにホテルに泊まるとお金はかかりますが、暑くて眠れなくて仕事や健康に支障が出て、最悪のケース熱中症にかかって倒れてしまうよりはずっとマシだと思います。
そして冬の必需品はドライヤー。これは、髪がかなり長いからです。
暑さとは違い、寒さにはすごく強くて、服を重ね着すれば暖房はほとんどつけなくても冬を乗り切れるのですが、夏と違って洗った髪を自然乾燥させようとしても乾かないので、冬にドライヤーがないとすごく困ります。濡れたままの髪だと痛みやすいうえ、冬は寒くて風邪をひく原因にもなりかねません。
事実、以前ドライヤーが急に壊れたときは、近くの電気店に買いに走りましたね。本当は気に入ったものはなかったのですが、乾かせないよりマシだと思って、とりあえず安いものを買いました。
その後、ちゃんとこだわりの品に買い換えましたよ。それぐらい私にとって冬場のドライヤーは大事です。
Copyright (C)2017自分の中で一番必需品の家電.All rights reserved.